JavaScriptを有効にしてください!
JavaScriptが無効の場合、正常に表示されません。
また、ご予約お申込みフォーム、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなどが正常に動作しません。

ニュース・プレスリリース

【レポート】第23回 ゆかりセミナー「お墓について」

2014年11月5日 (水)

201410_yukari 
2014年10月25日(土)に、第23回ゆかりセミナー「お墓について」が開催されました。
講師は、メモリアルホールおおの 代表で、市民後見人活動もされている、大野益通氏。
大野氏は長年葬送に携わり、葬儀にかぎらず、お寺様の手配、法事、墓石の建立などさまざまな相談を受けて来られました。
 
セミナーでは、日本のお墓のあり方の変遷から、合葬・納骨堂・樹木葬など新しい形のお墓について、永代供養量・永代使用料・管理料の違いになどついて詳しくお話しいただきました。
また、お墓をこれまでのお寺から他の墓地等へ移動する「改葬」についても、当協会の三国浩晃理事とともにご説明いただきました。
 
現代では、家族のあり方や生活スタイルも多岐にわたっています。それにともない、お墓を受け継ぐ人がいない、あるいはそのようなことを頼めない、など、お墓にまつわる問題も人それぞれさまざま。先祖の墓もふくめて、わが家のお墓をこれからどうするのかを考えるために必要な知識をお話いただけた回でした。
参加者の方々からもたくさんの質問をいただき、みなさまの関心の高さやこのような情報の必要性の高さを感じました。