JavaScriptを有効にしてください!
JavaScriptが無効の場合、正常に表示されません。
また、ご予約お申込みフォーム、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなどが正常に動作しません。

ニュース・プレスリリース

【レポート】第24回 ゆかりセミナー「遺言について」

2014年12月2日 (火)

20141129_01 
2014年11月29日(土)に、第24回ゆかりセミナー「遺言について」が開催されました。
講師は、勝司法書士法人代表、勝猛一(かつ たけひと)先生です。
 
セミナー参加者のうち、遺言を作成している方は2名。いずれも自筆での遺言とのことでした。
遺言は作らなきゃな……と思いながらついつい先延ばしにしてしまっている方。また、残す財産がそれほどないから必要ないと思っている……とおっしゃる方。
みなさん遺言は大切だと考えていらっしゃいます。けれど、果たして自分の場合はどうなのか? そんな疑問が、実は焦点のようです。

セミナーでは、そんな疑問を受け、まず「誰にでも必要なもの」というところからお話が始まりました。
さらに、

・相続人にはどんな人がいる?
・遺言があった場合、なかった場合の相続の手続きの流れ
・自筆証書遺言と公正証書遺言の違い・それぞれのメリットとデメリット
・公正役場ってどんなところ?
・公正証書のしくみ、費用
・遺言執行者、自筆遺言の場合の検認など、見落としやすく、トラブルになりやすい点

などについて、参加者の方とやりとりをしながら、わかりやすく、楽しく! ご説明いただきました。

今回のセミナーで特に印象的だったのは、質問がたくさんあがったこと。
現代では、生き方、生活スタイルもさまざま。ですから、個々によって事情がかなり変わります。
参加者の方々からも多様な質問があがりましたが、勝先生が、豊富な経験からがスパスパと、わかりやすく、そしてやっぱり楽しく!お答えくださいました。

財産の多い少ないに関わらず、相続という手続きが発生してしまう以上、遺言を残しておくことはやっぱり大切と学ぶことができた今回のセミナー。
ですが、いざ備えようとしても難しいのがまた相続。そして、「一般的なケース」だけでは本当に知りたいこと、必要なことはわからないこともあります。「自分のケース」ではどうなのか? その点について、知識を身につけながら、でも必要ならばプロの手を借りてじょうずに備えを行っていくことが、時に必要なのかもしれませんね。
 
なお、12月のゆかりセミナーは年末のためお休みです。
次回のゆかりセミナーは、1月31日(土)14:00〜となります。