JavaScriptを有効にしてください!
JavaScriptが無効の場合、正常に表示されません。
また、ご予約お申込みフォーム、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなどが正常に動作しません。

ニュース・プレスリリース

【レポート】第25回 ゆかりセミナー「2015年ゆかりセミナーついて」

2015年2月4日 (水)

20150131 
2015年1月31日(土)に、第25回ゆかりセミナー「2015年ゆかりセミナーついて」が開催されました。
2015年最初のゆかりセミナーです。
今回は講義形式ではなく、ゆかりセミナー代表理事の二木さん、理事の三国さん両名のお話、そしてみなさんのご希望などをお伺いする形で進めさせていただきました。
2015年のゆかりセミナーではどのようなテーマを扱いたいか、をメインに、参加者の方々のご意見などを汲み取り、方針をお伝えいたしました。

セミナーでは、まず最初に、二木さんによる近日の話題の事件について、解説をしていただきました。終活とは関係のない話題ではありますが、みなさん共通の感心事。ニュースだけではわからない様々なお話を聞かせていただきました。
 
そしていよいよ本題です。
2015年のゆかりセミナーのテーマは、ずばり!
 
みなさまがどのようなことに不安を抱いているか?
そしてそれをどう具体的に解消していけばいいか?

そこで、三国さんがみなさまのお話などをお聞きしていくと、不安というのは、やはり漠然としていて、将来についてなんとなく暗い思いを抱いてしまう部分があることがわかりました。
でも、これはやっぱり当然のことですよね。将来はわからないもの、そしてわからないから不安なんです。
ですがもう少し三国さんとお話を進めていくと、やはりお金のこと、認知症のこと、ひとりぐらしをしている普段の生活では誰が様々なことをサポートしてくれるのか、などが浮かび上がってきました。
不安というのは、漠然としているから不安であって、具体的なことを考えていくだけでずいぶんと気持ちも変わりますし、当然ながら立てるべき対策も見えてきます。すなわち、それが終活なのかもしれません。
 
そして、2015年は、「講義だけでなく、もう少し外に出てみよう!」ということになりました。
老人ホームなどの施設を見学したり、認知症のリハビリについてお話をお伺いに行ったり。
そんなふうに外に出かけて行き色々なものを見ることで、漠然とした不安が具体的な課題として見いだせるようになるかもしれません。また、ゆかり協会のメンバーの方々同士でそれらを話し合う機会にもなるかもしれません。
  
次回のゆかりセミナーは、2月28日(土)を予定しています。
通常は14:00~ですが、施設見学になる場合には、時間や集合場所の変更があるかもしれません。
決まり次第皆さまにはご連絡申し上げます。