JavaScriptを有効にしてください!
JavaScriptが無効の場合、正常に表示されません。
また、ご予約お申込みフォーム、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなどが正常に動作しません。

ニュース・プレスリリース

【レポート】第28回 ゆかりセミナー「有料老人ホームのえらびかた」

2015年5月3日 (日)

 2015年4月25日(土)に、第28回ゆかりセミナー「有料老人ホームのえらび方 ─老いと死をみつめて32年─」が開催されました。
 
自宅でいつまでも暮らしたい、とは思いつつも、身体のことを考えると、いつかはホームなどに入らなければならないかな……とお考えの方は多いようです。
老後を暮らす場所の選択は、とても大きな決断。金銭的にも大きな負担があります。
では、自分に合ったよい施設を、実際にはどう選べばよいのでしょうか? 自宅にも勝る終の棲家を探すことはできるのでしょうか?


2015042501


今回の講師は、国内外合わせて1960箇所以上の施設を自分の目で確かめてきた「老人ホームの目利き」上岡榮信氏。上岡氏は、一般社団法人 有料老人ホーム入居支援センター (以下、同センター)の代表理事でいらっしゃいます。
 
同センターでは、施設からの契約料や紹介料などの報酬はいっさい受け取らず、老人ホームに入居する方から報酬を頂くかたちで運営されています。ですから、老人ホームに対して綿密かつ厳密な調査を行い、入居者の目線に立った本当に良いホームを紹介すべく活動をされています(HPより)。
有料老人ホームは、実際に現地に赴き、同センター独自の評価基準にて格付けを行っています。
その豊富な経験をもとに、老人ホームの選び方について教えていただきました。
 
老人ホームの評価のポイントは?
どんな老人ホームがある?
老人ホーム入居にかかる費用は?
 
など、多くの疑問にわかりやすくお答えいただきました。

今回のこのゆかりセミナーは、なんとセミナー始まって以来の超満員!
定員を超える参加者数に、運営側も驚くばかりでした。皆さまの関心の高さが伺えました。
お集まりくださった皆さま、本当にありがとうございました!!
これからも、皆さまにとって興味ある、面白いセミナーを開催していきたいと改めて感じています。


■ 講師情報

上岡 榮信 氏
一般社団法人 有料老人ホーム入居支援センター 代表理事
・『親に薦めたい! 自分も入りたい! 老人ホーム探し50の法則 』(日経BP社)
・『絶対に失敗しない有料老人ホームの選び方 』(河出書房新社)
 
1949年愛媛県伊予市生まれ。通訳業を経て、83年から厚生労働省や全国有料老人ホーム協会、高齢者住宅財団、民間企業と共に、国内外の高齢者施設・住宅を多数、訪問した。2010年に一般社団法人有料老人ホーム入居支援センターを設立。東京大学市民後見人養成講座の講師を務めるほか、高齢者施設に関する講演も手がけている


■ 有料老人ホームの格付け

同センターの老人ホーム評価は、大きく分けて2つのフェーズにわかれているとのこと。
ひとつは、「現場の評価(100点満点、合格60点以上)」。そして、「運営法人の格付け(A~Fの6段階、合格A・Bのみ)」も同時に行います。
いくら現場が良いスタッフばかりのホームでも、経営が安定していなければ問題です。同センターでは、まず運営法人の格付けのうちA・Bに該当するものを選定し、そこから現場の評価が60点以上のホームを紹介されているとのことです。


■ ゆかりセミナーミニ企画、かくれ脱水チェックテスト

今回の健康チェックリストは、「かくれ脱水チェックテスト」。
前回のセミナーでも、水をのむことが大切だと紹介されていましたね。これからの暑い季節、ついついお水を撮り忘れてしまっては大変です。
そこで今回は、気づかないうちに陥っているかもしれない脱水チェックをお渡ししてみました。

 


■ 次回のゆかりセミナー

次回のゆかりセミナーは、5月23日(土)を予定しています。

『老人とトイレ ─高齢者にやさしいトイレとは?─』

週刊文春で連載中の『「トイレ探検隊」がゆく! 〈月イチ連載〉 』。こちらの記事執筆者である坂上遼氏自ら、全国各地のトイレ事情と、高齢者にとってのトイレについて、お話しくださいます。

お楽しみに!