JavaScriptを有効にしてください!
JavaScriptが無効の場合、正常に表示されません。
また、ご予約お申込みフォーム、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなどが正常に動作しません。

ニュース・プレスリリース

【ご案内】第31回 ゆかりセミナー「日本と台湾の老後生活」(2015/7/25・土)

第31回 ゆかりセミナー
テーマ

「日本と台湾の老後生活」

内容 今回のゆかりセミナーでは、当会理事の村串栄一氏より、「日本と台湾の老後生活」についてお話しをしていただきます。
 
【日本の老後生活】83歳で亡くなった母親。「家で死にたい」。その治療、介護、葬儀、お寺、お墓など。父親は現在93歳。「どこにも行かない」とおひとりさま暮らし。デイサービスが唯一の楽しみ。認知症がないのが何より。そんな実情を紹介。
 
【台湾の老後生活】今、海外旅行先として一番人気。退職者も台湾に永住を考えている人がたくさんいらっしゃるようです。ではなぜ台湾なのでしょうか? 医療・保険などの制度は? 物価は? などについてお話しします。
 
【台湾高齢者の元気の秘訣】
花蓮の小さなお寺の尼さんの生活、嘉義の近くの道教廟の寺守おじいさんの話などから、台湾の方々のある老後のかたちをお話しいたします。
講師 村串 栄一 氏(一般社団法人ゆかり協会理事・ノンフィクション作家)
日時 2015年7月25日(土) 午後2時〜3時半頃
場所

yukari_map_600ゆかり協会セミナールーム
・JR田町駅・西口:徒歩2分
・浅草線三田駅・A3:徒歩1分
 
〒108-0014
東京都港区芝5-27-5 山田ビル2F
電話:03-6693-2923

参加費 300円(税込)
参加方法

button_seminor

button_or

03-6693-2923

ゆかり協会では、みなさまの「これからの生き方」と「終末の迎え方」について学ぶセミナーを定期的に開催しています。