JavaScriptを有効にしてください!
JavaScriptが無効の場合、正常に表示されません。
また、ご予約お申込みフォーム、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなどが正常に動作しません。

ニュース・プレスリリース

【レポート】第33回 ゆかりセミナー「認知症の自己判断と治療法」

2015年12月2日 (水)

2015年11月28日(土)、第33回ゆかりセミナーが開催されました。
テーマは、「認知症の自己判断と治療法」。
講師は、日本認知症学会専門医・月島クリニック院長 細野克彦 先生。
 
20151128_01細野先生は、月島の下町で「物忘れ外来」の専門家として活躍されています。
訪問診療から認知症治療までオールマイティの先生です。
細野先生に、認知症とは? 自分で分かるの? どうすればいい? など、経験をもとにお話しいただきました。
 
65歳以上の4人に1人が認知症とその「予備軍」とも言われる現代。
誰もが、なりたくはない!認知症。
ですが、だからこそいろいろ知っておきたいところでもあるようです。
今回のゆかりセミナーもまた、引き続き大変多くの方々にご参加いただきました。
ありがとうございました!


20151128_02認知症とは、単に物忘れが多いことではなく、人に迷惑をかけてしまう状態のこと──セミナー冒頭、まず細野先生は、認知症をそのように説明しました。
続いて、認知症の4つの型。最も多いアルツハイマー型認知症のほか、脳血管性認知症、前頭側頭型認知症、レビー小体型認知症。さらに、軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)とも言われる、いわゆる認知症の予備軍としての症状。これらについて、細野先生からそれぞれの特徴を教えていただきました。
また、認知症に関する薬の現状についてや、認知症の診断方法についてなどもご説明いただきました。


このように、認知症について、とっても盛り沢山な内容!
質問も、症状のあり方や薬のことまでさまざまでした。
親しみやすく面白い、そして熱意のある先生の語り口に、参加者一同、すっかり惹きこまれてしまいました。
 
社会とのつながりを持つこと、体を動かすこと、そして、楽しいと思えることにチャレンジすること!
それが、認知症に対抗する手段だそうです。
楽しいこと、たくさん見つけて、笑顔でまいりましょう、ね♪ 
20151128_03


 
■ 講師情報
細野克彦 氏(月島クリニック院長)
 
クリニックについて、詳しくは下記Webサイトをご覧ください。
 
月島クリニック
http://www.tsukishima-clinic.server-shared.com/
東京都中央区月島4-16-7 秀和第二月島レジデンス106
03-3531-0082(電話受付時間:月~金 9:00~18:00)