JavaScriptを有効にしてください!
JavaScriptが無効の場合、正常に表示されません。
また、ご予約お申込みフォーム、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなどが正常に動作しません。

ニュース・プレスリリース

【レポート】第37回 ゆかりセミナー「こんなにある! お役所活用法〜 相模原市における高齢者の在宅支援施策について〜」

2016年8月11日 (木)

2016年7月30日(土)、一般社団法人ゆかり協会 「第37回ゆかりセミナー」(終活セミナー)を開催しました。
今回も会場は満員となりました。ありがとうございました!


IMG_7182


今回のテーマは、「こんなにある!お役所活用法」。
神奈川県相模原市の高齢者在宅支援施策などをご紹介しました。
講師は、相模原市の高齢者相談課・参事兼課長、宮崎文枝 さんです。


行政って具体的にどんな政策を行っているのでしょう?
行政とわたしたちはどんな風に付き合っていけばよいのでしょう?
身近な自治体の活動を知ることで、自治体をもっと活用できる機会になるかもしれません。
講師の宮崎さんは保健師のキャリア30年以上。高齢者や認知症者、障害者と向き合ってきた豊富な現場経験を有しておられ、さまざまな実例、実体験とともにお話いただきました。


相模原市、高齢者福祉に対して非常に熱心です。
在宅支援、健康づくり、かなり積極的。相模原市独自の取り組みも多いとのこと。
さらに、地域包括支援センターの第三者機能評価も実施しているのだそうです。それってすごい!

imgy02
と、相模原市はかなり先進的と感じましたが、各地の行政も非常に多くの取り組みをしています。
それがじわじわと成果を上げているのだろうと思います。
そして、成果は目に見える形で積極的に発信するのも大切だなと感じます。
 
そんな行政の取り組み、ちゃんと知ってうまく活用するためには。疑問や不安があるのなら、まだ元気なうちから、窓口など上手に活用してご相談、ですね!


次回ゆかりセミナーは9月24日(土)です。
詳細決まり次第、当Webサイトに掲載いたします。お楽しみに♪


講師の宮崎文枝さんと、理事・監事たち

IMG_7181


■ 講師紹介

宮崎文枝
相模原市健康福祉局保険高齢部中央高齢者相談課・参事兼課長