JavaScriptを有効にしてください!
JavaScriptが無効の場合、正常に表示されません。
また、ご予約お申込みフォーム、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなどが正常に動作しません。

ニュース・プレスリリース

【ご案内】第38回 ゆかりセミナー「父親の認知症と向き合って ─グループホームでの看取りまで」(2016/9/24・土)

第38回 ゆかりセミナー
テーマ 「父親の認知症と向き合って ─グループホームでの看取りまで」
内容 親が認知症となったとき。親が老人ホームに入居したとき。家族は何を感じ、考え、歩んだのか。
これまで、自らの認知症、自らの住処としてとらえてきたこれらのテーマ。今回は、「家族が」という視点から取り上げます。
講師は、川口顕裕さん(元・尾道市東京事務所長)。川口さんのお父様は、平成20年82歳でお亡くなりになるまでの12年間、グループホームで暮らしました。その間川口さんは、入居者家族の会代表として、ホーム、自治体、地域と積極的に関わってきました。現在も運営の相談役と運営会社の顧問(無償)を務める川口さんに、グループホームの利用者家族のご経験をお話しいただきます。
皆さまのご参加、お待ちしております!!
講師 川口顕裕 さん(元・尾道市東京事務所長)
日時 2016年9月24日(土) 午後2時〜3時半頃
場所

yukari_map_600ゆかり協会セミナールーム
・JR田町駅・西口:徒歩2分
・浅草線三田駅・A3:徒歩1分
 
〒108-0014
東京都港区芝5-27-5 山田ビル2F
電話:03-6693-2923

参加費 300円(税込)
参加方法

button_seminor

button_or

03-6693-2923
チラシ  201609_yukari_seminor_outside
ゆかり協会では、みなさまの「これからの生き方」と「終末の迎え方」について学ぶセミナーを定期的(奇数月最終土曜日)に開催しています。