JavaScriptを有効にしてください!
JavaScriptが無効の場合、正常に表示されません。
また、ご予約お申込みフォーム、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなどが正常に動作しません。

ニュース・プレスリリース

【レポート】第48回 ゆかりセミナー「加齢にまけない! 運動療法」

2018年9月30日 (日)

第48回のゆかりセミナー「加齢にまけない! 運動療法」。
講師は、NPO法人シニアライフセラピー研究所部長で理学療法士の山増正樹さん。加齢による変化と要介護との間の状態、「フレイル」。
加齢によって、心身の活力が低下し、衰えが生じることを言います。
これまでは単に老化と片付けられていたような症状も、適切な対応で予防や改善できることがわかってきました。
そこで今回のゆかり協会では、フレイルに対抗するための「運動療法」をテーマにお話いただきました。


・フレイルについて簡単に学ぶ
・ちょっとした動きのテストで運動機能チェック
・がんばらない運動療法
・簡単な機器を使って筋力&バランス力チェック


自分はフレイル?大丈夫?
握力計や歩くスピード測定で、運動機能をチェック。
また、体重計などでおなじみのTANITAさんの業務用機器をお借りして、体重・体脂肪・筋肉量・動きの力強さやバランスなどをちょっと本格的に測定。

その上で、講師の山増さんより、個別に簡単なアドバイスをしていただきました。


そして、がんばらない運動療法!
介護状態にならないために、日々どんな運動をしたらよいのか。
ポイントは、10分間だけ毎日プラスして動くこと。
テレビを見ながら、以下のような動きをしてみることがおすすめとのことです。





印象的だったのは、皆さまやはり健康に対してとてもいろいろと知りたがっているのだというところ。
身体は動かさなきゃと思いつつ、なかなか習慣化しません。
じゃあ、どのぐらい体を動かせば健康にいいの?
歳ともに感じる身体の変化、自分はどのような状態にあるの?
運動テストや機器による身体能力チェック、みなさま本当に興味津々でいらっしゃいました。
そして、運動タイムでの、皆さんの笑顔!
なかなか自分だけでは普段身体を動かすことが出来ないけれど、こういう場でちょっとした運動をしてみると、身体を動かすのはやっぱり楽しい!
そんな様子が伝わってきました。

頑張らない、楽しい、面白い運動を考えて、見つけて、続けていくことが大切なのかもしれませんね。
講師の山増さんには、今後もまたゆかりセミナーに登場していただく予定です。


次回のゆかりセミナーは、11月24日(土) 14:00~です。
お楽しみに!