JavaScriptを有効にしてください!
JavaScriptが無効の場合、正常に表示されません。
また、ご予約お申込みフォーム、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなどが正常に動作しません。

ニュース・プレスリリース

【ご案内】第44回 ゆかりセミナー「どうする? 遺品整理・生前整理」(2017/9/30・土)

第44回 ゆかりセミナー
テーマ

「どうする? 遺品整理・生前整理」

内容

終活といえば葬儀やお墓、と思われがち。ですが、取り組みたい終活として「身の回りの物の整理」をあげる声がとても多いのです。
今回のゆかりセミナーでは、遺品整理・生前整理のプロフェッショナルにお話をお伺いします。講師は、片付け倶楽部の曽我由紀子さん。のこされた物をゴミとして処分してしまうのではなく、大切な物といらない物を仕分けして、丁寧に整理していく。そんな遺品整理・生前整理の実態をお話しいただきます。
皆さまのご参加をお待ちしています!

講師

曽我 由紀子 さん(片付け倶楽部)

日時 2017年9月30日(土) 午後2時〜3時半頃
場所

yukari_map_600ゆかり協会セミナールーム
・JR田町駅・西口:徒歩2分
・浅草線三田駅・A3:徒歩1分
 
〒108-0014
東京都港区芝5-27-5 山田ビル2F
電話:03-6693-2923

参加費 300円(税込)
参加方法

button_seminor

button_or

03-6693-2923
チラシ 
ゆかり協会では、みなさまの「これからの生き方」と「終末の迎え方」について学ぶセミナーを定期的(奇数月最終土曜日)に開催しています。

【レポート】第43回 ゆかりセミナー「もう一度チャレンジ!エンディングノート」

2017年9月4日 (月)

第43回のゆかりセミナー「もう一度チャレンジ!エンディングノート」。
講師は、宇田川 亨 さん(行政書士 宇田川亨事務所)。
https://www.udagawa-souzoku-yuigon.com/
 
終活と言われて思い浮かぶものの一つが、エンディングノート。とはいえ、エンディングノートを完成させるのはなかなか大変です。
そこで、どんなところを最低限埋めておけばよいのか? というポイントを、法律の専門家にお聞きしてみました。



一度は挑戦したけれどあきめてしまった人。書いているけれど大変だと思っている人。
エンディングノートはとても有名な「終活ツール」ですが、書き終えたという人はとても少ないのが実情です。
また、エンディングノートは1年に1回書き直しましょう、なんてお話を耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。エンディングノートに記したとしても時間とともに内容が変わっていく場合もあります。
ポピュラーで取り組みやすいけれど終えにくい、そんなエンディングノートにもう一度チャレンジするにはどうしたらよいのでしょうか。



セミナーではまず、遺言書とエンディングノートの違いをご説明いただきました。
法的拘束力があり決まりごとがある遺言書と、何の確約も生じないけれど自由なエンディングノート。
あくまでも財産のことを書く遺言書と、自分の身の回りのことから気持までも残しておけるエンディングノート。この2つの使い分けが実務では重要だそうです。
 
エンディングノートの項目は、財産と相続について、連絡先について、医療や介護の希望について、葬儀や墓について、ペットのことについて、その他自分史や大切な人へのメッセージなど、実にさまざま。そのうち、抑えておいて欲しいポイント、気をつけるポイントとはどこか? 例えば財産については、銀行情報などどの程度残しておけばよいか、そしてマイナスの資産(借金)もあることに注意しましょうとのこと。他にもたくさんのアドバイスをいただきました。


日本人はやっぱり真面目、エンディングノートをきちんと書こうと考えてしまいがちなのだそうです。
でも、自分に必要なところだけでいい、完成させる必要なんてないのです。
ですからもちろん、市販のエンディングノートに拘る必要もありません。気になることをノートに書き留めておくだけでOKなのです。
また、あくまで現状を書き留めておくものなので、後で書き直せばよいという気持で取り組みましょう、とのことでした。
 
質問タイムにも、たくさんの手が上がりました。
ゆかりセミナーで色々なお話を聞いているみなさん。ですがいざエンディングノートに、終活に取り組む、自分のケースではどうなるのだろう?というさまざまな疑問が浮かび上がってくるようです。
また、エンディングノートではないが、一通りのことをノートに書き留めたという理事からは、書き終えて安心感が得られた、との実体験も聞くことができました。
気軽な気持ちで、もう一度、エンディングノートを開いてみてください。


次回ゆかりセミナーは、9月30日(土)です!
詳細決まりましたらまたご案内いたします。
お楽しみに!

【ご案内】第43回 ゆかりセミナー「もう一度チャレンジ!エンディングノート」(2017/7/29・土)

第43回 ゆかりセミナー
テーマ

「もう一度チャレンジ!エンディングノート」

内容

終活と言われて思い浮かぶものの一つが、エンディングノート。とはいえ、エンディングノートを完成させるのはなかなか大変です。
一度は挑戦したけれどあきめてしまった人。書いているけれど大変だと思っている人。そんな皆さんにむけて、もう一度チャレンジできるエンディングノートの書き方をご紹介します。行政書士の宇田川亨さんをお招きし、実務でエンディングノートが役立つときとは?というポイントを中心にお話をお伺いします。
皆さまのご参加をお待ちしています!

講師

宇田川 亨 さん(行政書士 宇田川亨事務所)

日時 2017年7月29日(土) 午後2時〜3時半頃
場所

yukari_map_600ゆかり協会セミナールーム
・JR田町駅・西口:徒歩2分
・浅草線三田駅・A3:徒歩1分
 
〒108-0014
東京都港区芝5-27-5 山田ビル2F
電話:03-6693-2923

参加費 300円(税込)
参加方法

button_seminor

button_or

03-6693-2923
チラシ 
ゆかり協会では、みなさまの「これからの生き方」と「終末の迎え方」について学ぶセミナーを定期的(奇数月最終土曜日)に開催しています。

【レポート】第42回 ゆかりセミナー「がん予防!運動療法」

2017年7月2日 (日)

第42回のゆかりセミナー「がん予防!運動療法」。
講師は、山増正樹 さん(神奈川県立がんセンター リハビリテーションセンター副室長 理学療法士)
  
歳を重ねるにつれ高まっていく、糖尿病やがんなど健康を脅かす病のリスク。実は、運動でこれらを予防できる可能性が見えてきました。
実際に少し身体を動かしながら、病気を予防するための運動療法について学びました。


 


運動療法とは、症状の悪化を防ぐ、軽減や改善を図る、といった目的を持って行われる運動のことです。治療現場において、医師や理学療法士といった専門家の指導の元行われています。
特に糖尿病については、運動療法の効果についてさまざまなデータが蓄積されてきています。一方で、糖尿病とがんとは密接な関係がある、という報告も昨今では見られるようになってきました。
糖尿病を予防することを基礎として、がんを予防することを視野に入れた運動療法について、山増さんにお話しいただきました。


運動療法ってどんなことをするの? どんな疾患に効果があるの? 糖尿病やがんには具体的にどんな効果がみられるの?
などなど、内容は盛りだくさん。
 
そして予防のコツは、「身体活動」を少しだけ多くすること!
「身体活動=生活活動+運動」
身体活動とは、寝ているときなど安静時以外のすべての営みのこと。
運動は、意図的に身体を動かすエクササイズやトレーニングのこと。
生活活動は、運動以外の生活に関わる全ての動きのことです。
生活活動または運動を今より10分程度多くして、全体として身体を動かしましょう、ということでした。


一通りの知識を身に着けた後は……みんなで簡単な運動を!
身体活動をあげるため、毎日できる運動プログラムとして、座ったままでできる動きを数種類、全員でチャレンジしました。
運動のコツは、辛いと感じるのではなく、楽と感じるのでもなく、「少しだけきつさを感じる程度」で行うこと。
辛いと感じたらやめてしまってよいとのことでした。
(なお、糖尿病等の疾患をお持ちの方は、くれぐれも専門家にご相談のうえ運動をしてくださいね)
運動の最中には、音楽や、山増さんの出身地・兵庫県明石の美しい風景写真が流され、皆さん楽しく体を動かしてくださったようです。
運動をした後はからだが温まって、気分も軽くなりました。
 
ちゃんと続けていくにはどうしたら良い? そんなことも、質問タイムで皆さんといろいろとお話することができました。
エクササイズやトレーニングというと敷居が高くなってしまいますが、日常に少し足せる運動、チャレンジしていきたいですね!


次回ゆかりセミナーは、7月29日(土)です!
詳細決まりましたらまたご案内いたします。
お楽しみに!

【ご案内】第42回 ゆかりセミナー「がん予防!運動療法」(2017/5/27・土)

第42回 ゆかりセミナー
テーマ

「がん予防!運動療法」

内容

歳を重ねるにつれ高まっていく、糖尿病やがんなど健康を脅かす病のリスク。実は、運動でこれらを予防できる可能性が見えてきました。
今回の講師は、神奈川県立がんセンター リハビリテーションセンター副室長で理学療法士の山増正樹さん。
運動療法ってどんなことをするの? どんな効果があるの? 実際に少し身体を動かしながら、病気を予防するための運動療法について学びましょう。
皆さまのご参加をお待ちしています!

講師

山増正樹 さん(神奈川県立がんセンター リハビリテーションセンター副室長 理学療法士)

日時 2017年5月27日(土) 午後2時〜3時半頃
場所

yukari_map_600ゆかり協会セミナールーム
・JR田町駅・西口:徒歩2分
・浅草線三田駅・A3:徒歩1分
 
〒108-0014
東京都港区芝5-27-5 山田ビル2F
電話:03-6693-2923

参加費 300円(税込)
参加方法

button_seminor

button_or

03-6693-2923
チラシ 
ゆかり協会では、みなさまの「これからの生き方」と「終末の迎え方」について学ぶセミナーを定期的(奇数月最終土曜日)に開催しています。