JavaScriptを有効にしてください!
JavaScriptが無効の場合、正常に表示されません。
また、ご予約お申込みフォーム、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなどが正常に動作しません。

ニュース・プレスリリース

【レポート】第42回 ゆかりセミナー「がん予防!運動療法」

2017年7月2日 (日)

第42回のゆかりセミナー「がん予防!運動療法」。
講師は、山増正樹 さん(神奈川県立がんセンター リハビリテーションセンター副室長 理学療法士)
  
歳を重ねるにつれ高まっていく、糖尿病やがんなど健康を脅かす病のリスク。実は、運動でこれらを予防できる可能性が見えてきました。
実際に少し身体を動かしながら、病気を予防するための運動療法について学びました。


 


運動療法とは、症状の悪化を防ぐ、軽減や改善を図る、といった目的を持って行われる運動のことです。治療現場において、医師や理学療法士といった専門家の指導の元行われています。
特に糖尿病については、運動療法の効果についてさまざまなデータが蓄積されてきています。一方で、糖尿病とがんとは密接な関係がある、という報告も昨今では見られるようになってきました。
糖尿病を予防することを基礎として、がんを予防することを視野に入れた運動療法について、山増さんにお話しいただきました。


運動療法ってどんなことをするの? どんな疾患に効果があるの? 糖尿病やがんには具体的にどんな効果がみられるの?
などなど、内容は盛りだくさん。
 
そして予防のコツは、「身体活動」を少しだけ多くすること!
「身体活動=生活活動+運動」
身体活動とは、寝ているときなど安静時以外のすべての営みのこと。
運動は、意図的に身体を動かすエクササイズやトレーニングのこと。
生活活動は、運動以外の生活に関わる全ての動きのことです。
生活活動または運動を今より10分程度多くして、全体として身体を動かしましょう、ということでした。


一通りの知識を身に着けた後は……みんなで簡単な運動を!
身体活動をあげるため、毎日できる運動プログラムとして、座ったままでできる動きを数種類、全員でチャレンジしました。
運動のコツは、辛いと感じるのではなく、楽と感じるのでもなく、「少しだけきつさを感じる程度」で行うこと。
辛いと感じたらやめてしまってよいとのことでした。
(なお、糖尿病等の疾患をお持ちの方は、くれぐれも専門家にご相談のうえ運動をしてくださいね)
運動の最中には、音楽や、山増さんの出身地・兵庫県明石の美しい風景写真が流され、皆さん楽しく体を動かしてくださったようです。
運動をした後はからだが温まって、気分も軽くなりました。
 
ちゃんと続けていくにはどうしたら良い? そんなことも、質問タイムで皆さんといろいろとお話することができました。
エクササイズやトレーニングというと敷居が高くなってしまいますが、日常に少し足せる運動、チャレンジしていきたいですね!


次回ゆかりセミナーは、7月29日(土)です!
詳細決まりましたらまたご案内いたします。
お楽しみに!

【ご案内】第42回 ゆかりセミナー「がん予防!運動療法」(2017/5/27・土)

第42回 ゆかりセミナー
テーマ

「がん予防!運動療法」

内容

歳を重ねるにつれ高まっていく、糖尿病やがんなど健康を脅かす病のリスク。実は、運動でこれらを予防できる可能性が見えてきました。
今回の講師は、神奈川県立がんセンター リハビリテーションセンター副室長で理学療法士の山増正樹さん。
運動療法ってどんなことをするの? どんな効果があるの? 実際に少し身体を動かしながら、病気を予防するための運動療法について学びましょう。
皆さまのご参加をお待ちしています!

講師

山増正樹 さん(神奈川県立がんセンター リハビリテーションセンター副室長 理学療法士)

日時 2017年5月27日(土) 午後2時〜3時半頃
場所

yukari_map_600ゆかり協会セミナールーム
・JR田町駅・西口:徒歩2分
・浅草線三田駅・A3:徒歩1分
 
〒108-0014
東京都港区芝5-27-5 山田ビル2F
電話:03-6693-2923

参加費 300円(税込)
参加方法

button_seminor

button_or

03-6693-2923
チラシ 

ゆかり協会では、みなさまの「これからの生き方」と「終末の迎え方」について学ぶセミナーを定期的(奇数月最終土曜日)に開催しています。

【レポート】第41回 ゆかりセミナー「大丈夫!介護旅行」

2017年4月30日 (日)

第41回のゆかりセミナー「大丈夫!介護旅行」。
講師は、篠塚恭一さん(「あ・える倶楽部」株式会社エス・ピー・アイ 代表取締役)。
  
故郷の墓参りをしたい。思い出の場所を再訪したい。高齢者のそんな切実な思いを実現するのがトラベルヘルパー。サービス開始当初は申し仕込みは少なかったけれど、今では年間400件の旅行をアレンジするまでに成長しています。この分野のパイオニア、株式会社SPIあ・える倶楽部の代表、篠塚恭一さんに、どうやって「社会を変える」を仕事にできたのかをお聞きしました。



介護度が高くても、旅行やお出かけを楽しめる。
それが、要介護高齢者向けの旅行サービス「あ・える倶楽部」です。
団体旅行の参加者の多くは、時間とお金に余裕のできてくる50代以上が中心。ですが、団体旅行のリピーターさんたちが、年をとるとともに健康上の問題を抱え、旅行に行かなくなってくる。長く旅行業に携わる中でそんな現象を感じた篠崎さんは、介護と旅行を組み合わせる必要性を感じたといいます。


介護旅行には、トラベルヘルパーという、介護技術と旅行業務知識を備えた「外出支援」の専門家が同行します。旅行、日常のお出かけ、お墓参り……希望に答え、きめ細やかに対応する外出支援サービス。旅の同行だけではなく、介護度に応じて必要な介護用具や宿、交通機関などの手配もトラベルヘルパーのお仕事です。当然、旅行ではさまざまなトラブルもありますが、それに臨機応変に対応できる機転も必要とのこと。

旅行は、国内はもちろん、海外も。介護度5の方の旅行もあるそうです。
介護旅行が実現したことで、次はあそこに行きたい!と新しい希望が生まれることも。
セミナーでは、リハビリに精を出し、介護度が改善した例が紹介されました。旅行に参加する度に活き活きとハリのある顔つきになるご様子に、セミナー参加者の皆様もびっくり。
旅行に出かけることは、生きる上でとても大きな原動力になることが伝わるお話でした。


ご本人の「旅行に行きたい」という意思、家族の同意、そして主治医の許可。
この3つがあれば、介護度などの状態は問わないそうです。
家族同伴のない、おひとりの方(トラベルヘルパーはもちろん同伴)の介護旅行も多いとのこと。
 
旅は最高のリハビリ。身体だけでなく、心のリハビリにもなる介護旅行。
 
もしも将来身体が動かなくなったら……年を重ねるにつれ、誰もがそんな不安をいだいてしまいます。そんな不安に、明るい光を当ててくれる、介護旅行のお話でした。


次回ゆかりセミナーは、5月27日(土)です!
詳細決まりましたらまたご案内いたします。
お楽しみに!


■ 講師紹介

篠塚恭一 (「あ・える倶楽部」株式会社エス・ピー・アイ 代表取締役)
1961年、千葉県生まれ。NPO法人日本トラベルヘルパー(外出支援専門員)協会理事長、株式会社SPIあ・える倶楽部代表取締役。専門学校卒業後、大手旅行会社で添乗員を務め、84年に人材派遣会社に転職、派遣添乗員などの育成に携わる。91年に現在の会社を設立し、バリアフリー旅行・介護旅行を専門に手がけるようになる。95年から超高齢者向けサービス人材の育成を本格的に開始し、2006年にNPO法人「日本トラベルヘルパー(外出支援専門員)協会」を設立

【ご案内】第41回 ゆかりセミナー「大丈夫!介護旅行」(2017/3/25・土)

第41回 ゆかりセミナー
テーマ

「大丈夫!介護旅行

内容 故郷の墓参りをしたい。思い出の場所を再訪したい。高齢者のそんな切実な思いを実現するのがトラベルヘルパー。サービス開始当初は申し仕込みは少なかったが、今では年間400件の旅行をアレンジするまでに成長した。この分野のパイオニア、株式会社SPIあ・える倶楽部の代表、篠塚恭一さんに、どうやって「社会を変える」を仕事にできたのかを聞きます。
皆さまのご参加をお待ちしています!
講師

篠塚恭一 さん(「あ・える倶楽部」株式会社エス・ピー・アイ 代表取締役)

1961年、千葉県生まれ。NPO法人日本トラベルヘルパー(外出支援専門員)協会理事長、株式会社SPIあ・える倶楽部代表取締役。専門学校卒業後、大手旅行会社で添乗員を務め、84年に人材派遣会社に転職、派遣添乗員などの育成に携わる。91年に現在の会社を設立し、バリアフリー旅行・介護旅行を専門に手がけるようになる。95年から超高齢者向けサービス人材の育成を本格的に開始し、2006年にNPO法人「日本トラベルヘルパー(外出支援専門員)協会」を設立

日時 2017年3月25日(土) 午後2時〜3時半頃
場所

yukari_map_600ゆかり協会セミナールーム
・JR田町駅・西口:徒歩2分
・浅草線三田駅・A3:徒歩1分
 
〒108-0014
東京都港区芝5-27-5 山田ビル2F
電話:03-6693-2923

参加費 300円(税込)
参加方法

button_seminor

button_or

03-6693-2923
チラシ 

ゆかり協会では、みなさまの「これからの生き方」と「終末の迎え方」について学ぶセミナーを定期的(奇数月最終土曜日)に開催しています。

【レポート】第40回 ゆかりセミナー「脳トレ・脳活としての文章講座 〜国語力、文章力を磨く、アタマの体操〜」

2017年2月7日 (火)

第40回のゆかりセミナー「脳トレ・脳活としての文章講座 〜国語力、文章力を磨く、アタマの体操〜」。
講師は、村串栄一さん(ゆかり協会理事・ノンフィクション作家)。
今回のセミナーも、当初の予定を上回る参加人数となりました!
 
日本語の持つ謎、奥深さを学びながら、アタマの体操をしてみよう! ゆかりセミナー初の日本語講座でした。
新聞記者歴40年、プロとして文章に携わってこられた村串さんに、たくさんのお話をしていただきました。


 


受け付け時に配られた、セミナーの資料。
その中には、「日本語テスト」なるものが。
まずはテストをやってみてください、との講師の呼びかけに、会場はまるで試験会場のよう!
雨模様とは、雨が降っている様子か、今にも雨が降りそうな様子か?
いやが応にも、いやが上にも、どちらが正しい?
などなど、合計43問の日本語テストに、皆さま黙々と取り組んでいました。
テストが一段落すると、いよいよセミナーが始まりました。



「は」と「が」の使い分けは、どのように考えればよいのか?
「はるさめ」(春雨)が「はるあめ」に変化した理由は、日本語の嫌う連母音があること。
日本語の起源とは? 国語学者・大野晋 氏のタミル語説をはじめ、ハワイ語など他の言葉との共通点について。

「しかし」「また」「でも」などはつけず、体言止めは極力避けること。
文章リズムは4拍子が日本人にしっくりくること。
文章はしばらく時間を置いてから読んでみる、音読してみることで、あらがよくわかること。

……などなど、盛りだくさんの内容でした。
最後は、冒頭の日本語テスト答え合わせ。
「間違えちゃった〜」と笑い声があちこちからあがり、脳トレも楽しく完了しました。


セミナー内容を思い出し、こうして文章を書いていると、いろいろなことに気づきます。
それこそが日本語の楽しさであり、脳を鍛えることでありますね。


次回ゆかりセミナーは、3月25日(土)です!
詳細決まりましたらまたご案内いたします。
お楽しみに!


■ 講師紹介

村串栄一(ゆかり協会理事・ノンフィクション作家
新聞記者歴40年。国語学者・大野晋、成蹊大学鴨長明研究家・浅見和彦、徳島県俳句誌「なると」主宰・福島誠浄氏らと親交。俳句の会「百花」同人。
<略歴> 
 
主な著作
・『検察秘録』
・『新検察秘録』
・『新幹線とリニア 半世紀の挑戦 世界に冠たる「安全神話」はどう構築されたか
・『がんと明け暮れ―記者が綴る10年の記録
・『新聞記者は何を見たのか 検察・国税担当
・『台湾で見つけた、日本人が忘れた「日本」