JavaScriptを有効にしてください!
JavaScriptが無効の場合、正常に表示されません。
また、ご予約お申込みフォーム、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなどが正常に動作しません。

ゆかり協会について−活動概要

活動概要

少子高齢化社会の中で、私たちは、年長者も若者も、そして子供たちも、健全な社会の中でコミュニケーションを築くと共に、高齢者の誰もが生きいきと暮らせる社会、その環境作りが急務と考えてきました。

東日本大震災を経て、私たちは、生きることは失うことと隣り合わせであり、人と人の絆を確かめることがどんなに重要かを知りました。

一般社団法人ゆかり協会では、生きる「安心」そして人と人、人と社会の「絆」について考える場所を提供し、「縁(ゆかり)」のある社会づくりを目指します。

私たちの取り組み
  1. これからの日々を自分らしく生きていく。
  2. 今日から終末まで、限りある人生をデザインしてみる。
  3. その試みをサポート(お手伝い)していく。

私たちは、自分らしく生きることは、どれだけ自分らしい終末を迎えることが出来るかではないかと考えています。
これからの日々をどうすれば、より善く過ごしていけるのか、皆さんと共に考え実現していくことを目指しています。

「終末の迎え方」を考えるセミナーの開催
 心の準備と言った方がいいでしょうか。そのための講演会、終末に向けた準備手続きのセミナーを開催します。
「エンディングノート」「グリーフノート」の普及
「エンディングノート」は自分の人生を書き残すもの。ビデオ・メッセージもそのひとつです。
「グリーフノート」は大事な人を失った悲しみや思い出を、生前共に過ごした遺族や友人たちが書き留めるもの。
どちらも、自分の「終末の迎え方」を考えることになります。
「葬儀ネット」=葬儀の電子版の告知システム
ご友人やお知り合い、関係のある方が亡くなった際に、本人名、社名、職種、団体ジャンルで検索すると瞬時に「お別れの会」の場所や時間などが分かるシステムです。
24時間コールセンター
相談内容は、

  • 介護、成年後見、リビングウィル(尊厳死宣言)、遺言相続、葬儀、お墓、遺品整理、エンディングノート、グリーフノート作成のお手伝い
  • 介護施設、葬儀社、寺院、お墓、納骨堂、遺品整理会社の複数紹介
  • 自分史作成(DVD映像・出版)、生前葬、任意後見契約書作成、遺言書作成、遺産分割などの支援
詳しい活動内容については……
具体的な活動内容については、【活動内容・サービス】のコーナーをごらんください!
また、セミナーの予定や報告などは、【ニュース・プレスリリース】にも随時掲載しています。

最後に
私たちの収益は、「ゆかりの輪」普及活動を支えるスタッフの増強に使われます。さらに収益の一部は、継続的に東日本大震災で被災された子どもたちへの応援資金や、恵まれない世界各地の子どもたちのために使われます。
先人たちの志が、次の世代の子どもたちをはぐくんでゆく。
それを、私たちは「ゆかりの輪」と名付けています。